2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
しばらくぶりに行ってみる
- 2008/01/28(Mon) -
しばらくぶりに真冬日脱出!!そして青空の月曜日
でも、そうなると


落雪注意です。軒下を通る人は充分気を付けてくださいね。

バスを待っていたんですが・・・・10分待っても20,30分待ってもバスは来ない
私の待ってたバスは消えてしまったみたい。。。
冬季間、札幌のお住まいの方はそういう経験ありますよね?
持ってたものも重かったし、疲れてきたので座りたかったけど


 さすがに 椅子は冷え切っていてお尻は凍傷になりそう。


しばらくぶりにピアノレッスンに行って来ました。
D1000043.jpg

お正月明けから、まともに練習出来てません。 でも
それでもいいから、遊びにいらっしゃいと先生はおっしゃいましたが。。。。

ピアノのレッスンを練習しないで行ったら

   絶対怒られる! (〃゜д゜;A 

         場合によっては
   
   泣かされる 三 T△T)   

         ひどいときは
   
   たたかれる /☆ビシ! ~#T□T)

そんな経験を小さい時から怖い男先生にインプットされ続けてきたので
練習をしないで行くということは こんな年になっても無意識に
相当な覚悟をしてしまう。(それだけ昔は練習を毎回ちゃんとしてなかったってことを
暴露してるんだけども。。。)

今日のレッスンは、半分以上がおしゃべりで終わってしまいました。




*カルトクイズ、5問追加したの知ってた?
スポンサーサイト
この記事のURL | カテゴリ区分はしていません | CM(4) | ▲ top
<<クイズの答えです | メイン | SPも終わったし・・・>>
コメント
- ソフィーちゃんへ -
子供のありったけの抵抗なのよね。
でもさ、私の先生隣の家だったでしょう?
逃げも隠れも出来ない訳よ。
なんたって、先生の家のトイレから我が家のピアノの部屋が
見えて、練習してるかしてないかすぐわかるしさ。

そんな先生のお宅の跡地に我が家が建った訳ですよ。わはは。
いつも怒られていたピアノの部屋の跡地にやっぱり自分の
ピアノの部屋が・・・・ああああーーー。。。
2008/01/29 20:56  | URL | あひる #-[ 編集] |  ▲ top

- 新種のクマさんへ -
うわぁ~~壮絶かつ悲惨な話だわ!!
今だから思い出話になるけど、冗談じゃないですよね?
でも、残念ながらそういう経験(1時間とまではいかないまでも)
北海道人なら絶対してますね。
だけど、後ろの扉開けないってどういうこと!?
ひどすぎますよ~~~    あ、でも
この前、病院からの帰り、バスが重なって来てしまって(やはり前のバスが遅れた)
後ろのバスの扉も開いたので、後ろに乗ったら、大きな通りに
出たら、前のバスをあっという間に追い越し、降車した時には、さっきの
前にいたバスは陰も形も見えなくなってました。たまにはちょっと
ラッキーと思っちゃうこともありますね。
2008/01/29 20:50  | URL | あひる #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ピアノの先生の思い出、あるあると思い出し笑っちゃいました・・・たたかれるというのはなかったけど、おこられる、泣かされる・・・つねにあり、びくびくレッスン受けてたなあ・・・冬のあるレッスン日、何をおもったか、わたし、「指がうごかなくなったら今日はレッスンしなくていいかも・・・」と思い、雪を握り締め、手袋をはかずに帰ってきました・・・当然指は凍えて、動かない上に、「なに馬鹿やってるの!!」と母親に怒られ、先生には白い目でにらまれ、そして、あたたまるにつれ、猛烈に痛む指を握り締め、泣きましたねえ・・・
2008/01/29 20:34  | URL | ソフィー #-[ 編集] |  ▲ top

- 冬のバスの思い出 -
高校生の時、1時間に1本しかバスがないところに住んでいました。
吹雪の中、ひとりぼっちでバス停に。
待てども待てどもバスが来ない・・・。
「変だな~、まさか時間より早く行ってしまったわけはないだろうに・・・。」
とうとう1時間経ち、次のバスの時間になってしまいました。
やっとバスが向こうから見えてきました。
「変だな~、なんだか2台に見える・・・。」

そうです。
前のバスが丸々1時間遅れて、2台一緒に走って来たのです。
前のバスはぎゅうぎゅう詰め。
うしろのバスは、ゆったり座れます~状態。

それなのに前のバスだけしかドアを開けてくれず、
しかたなく、ぎゅうぎゅう詰めの方のバスに・・・。

それから家まで約30分。
ずっとすぐうしろを悠然と走る、すいたバスを恨めしく眺めながらの帰途でした・・・。

一生、忘れられない思い出です・・・。
2008/01/29 00:15  | URL | 新種のクマ #X6MODLUU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。